下書きその1

Finally it works

… in iPhone!

UPDATE 1.08: 2018/11/21
UPDATE 1.07: 2018/11/03
UPDATE 1.06: 2018/10/30
UPDATE 1.05: 2018/9/29
UPDATE 1.04: 2018/9/16
UPDATE 1.03: 2018/9/06
UPDATE 1.02: 2018/9/05
UPDATE 1.01: 2018/8/25


STANDALONE BUTTONS

Hmm… you're editing this page, aren't you. I can't show you this function due to prevent accidents.This super awesome function is created by Boyu12Boyu12!
Edit Page Source
History Files

揺蕩うは母なる赤子

警告

自動メッセージ/オフライン

相互識別信号が断絶したため、”条件: 要求SCL2以上”のデータは検閲されます。5分以内に端末をオンライン状況下に戻し、ページを更新してください。5分以内に再接続が確認されない場合、機動部隊が急行します。再接続が困難な場合は既定のプロトコルに従い、端末内のデータを削除してください。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその性質により収容は不可能であるため、カバーストーリー「孤独な鯨」の流布および財団宇宙支部主導の宇宙科学学会への隠蔽工作が行われます。

現在SCP-XXX-JPの調査のため、財団宇宙船"レオン"並びに"ヴェルト"の2隻が就航中です。

説明: SCP-XXX-JPは、形状がシロナガスクジラ(Balaenoptera musculus)に酷似した、全長約500 730 1300kmのヘルメスモデル金属生命体です。SCP-XXX-JPは太陽系惑星の重力圏を「回遊」しており、█/█/201█現在は[検閲済]に位置しています。

SCP-XXX-JPは、1989年にウッズホール海洋研究所が特異なクジラの鳴き声を観測したことを発端に、各地で同様の事例が確認されたことから財団の注意を引きました。
[検閲済]

調査当初はSCP-XXX-JPが海洋に生息していると考えられており、調査開始から3年経過した1992年、財団宇宙支部の太陽系定例潜航時に土星周回軌道上で偶発的に発見されました。この時行われた第1回SCP-XXX-JP探査時にSCP-XXX-JP表面から採取された成分から、SCP-XXX-JPは太陽系外に起源を持つことが確実視されています。

SCP-XXX-JPは自身から離れた位置に存在する一定量の水より自らの音声を発生させる異常性(以降、現象-XXX-JP)を保有しており、このことからSCP-XXX-JP内部には水を含むコミュニケーション器官が存在することが推測されます。この時、音の周波数帯は約52Hzとやや高めであるものの、音紋が一般的なクジラのものと相似していることは特筆すべきです。現象-XXX-JPの対象となる水の条件は判明していませんが、一部の財団所属の超常生物学者は、「SCP-XXX-JPが何らかの指向性波動を発しており、その範囲内にある水が対象となる」という見解を示しています。[検閲済]

SCP-XXX-JPは、同程度の大きさの小惑星よりも比較的強力な表面重力(6.3 ± 1.█m/s2)を持ちます。[検閲済]

SCP-XXX-JPは高度な学習機能を有し、非常に「人懐っこい」性格です。また、極超長波の指向性無線通信による一方向のコミュニケーションに対して音の調子を上下させるように現象-XXX-JPを引き起こすため、人類の言語に反応していると推測されます。

[データ破損]
[データ破損]
[データ破損]
3ページ目へのリンク

Sofern nicht anders angegeben, steht der Inhalt dieser Seite unter Lizenz Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License