wanderers main for "MOBILE DEVICES" (sample): 和訳

ある晴れた日の真夜中に、2人の死せる少年は戦わんと目覚めり、背中合わせに彼らは向き合い、剣を引きて互いを撃たん。


1人は盲、また1人も光は無く、故に彼らは代理を審判に選んだ。盲者は公正なる試合を臨み、唖者は「万歳!」と叫んだ。



通り過ぎたる不随の驢馬が、盲者の目を蹴り、9インチの壁越しに彼を打ち、彼らは乾きし溝に落ち、すべては沈んだ。




聾者の警官は騒ぎを聞き、2人の死せる少年を捕まえにきた。もしこの話を信じぬのなら盲者に訊ねよ、彼が見たものを!


ある晴れた日の真夜中に, 著者不明


Front Page Prompt

魔法使いとは、慨すれば視聴覚機器のセットである。 文書を読み、古い言葉を聞くことによって呪文は理解され、しばしば派手なライトショーや渦巻くハウリングとして現れる。 しかし、他の感覚は? 味によってのみ真に理解できる呪文は? または触覚として現れる呪文は?

このプロンプトタグは"av08"です。このプロンプトの開始日は2017年12月11日です。

最近のプロンプトへのエントリー:


コンテンツ:

  • 書架 - 書物とその物語

ここをクリック: オリエンテーション


The Wanderer's Library is a collaborative fiction exercise. It's a collection of stories that explore strange and fantastic corners of the world, hidden from ordinary eyes. Some of the stories take place in the distant past, taking the form of legends and fables. Others are from the modern day, hiding in the shadows just out of sight. The basic premise is that there are strange things that are not quite of our world. Some are dangerous, some are merely fascinating. They are all in some respect extraordinary.

A big game hunter searches for hunting in other worlds.

A creature lives in alleyways and junkyards, collecting bits of trash to disguise itself.

A red thing of many parts promises everything you have ever wanted.

Stories here should try to evoke a Sense of Wonder, a sense that there is a larger world beyond the one we know. In the world of the Library, these wonders are hidden, but never truly far away. But never forget that this is a wilder world than our own, and it's never entirely safe, either. Tread with care.

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License